Quantcast
peoplepill id: takashi-kawakami
TK
1 views today
1 views this week
Takashi Kawakami

Takashi Kawakami

Japanese political scientist
Takashi Kawakami
The basics

Quick Facts

Intro Japanese political scientist
Is Political scientist
From Japan
Type Politics
Gender male
Birth 6 December 1955, Kumamoto, Japan
Age 65 years
Star sign Sagittarius
Education
Kyoto Sangyo University
The details (from wikipedia)

Biography

川上 高司(かわかみ たかし、1955年(昭和30年)12月6日 - )は、日本の国際政治学者(大阪大学博士)。専門は、安全保障、アメリカの政治、日米関係に関する研究。

拓殖大学教授、NPO法人外交政策センター代表、フレッチャースクール外交政策分析研究所研究顧問、日本国際フォーラム政策委員、国際情勢研究所委員。

来歴・人物

学歴

  • 1955年熊本県熊本市生まれ。
  • 京都産業大学卒。
  • 京都産業大学大学院法律学研究科修士課程修了。
  • 2003年大阪大学より博士 (国際公共政策博士)

研究歴

  • 1983年 - フレッチャースクール外交政策分析研究所研究員
  • 1988年 - 財団法人世界平和研究所研究員
  • 1994年 - 社団法人中央政策研究所研究主幹
  • 1997年 - ランド研究所客員研究員
  • 1997年 - 防衛庁防衛研究所第2研究部第1研究室主任研究官
  • 2001年 - 北陸大学法学部教授
  • 2005年 - 拓殖大学国際開発学部教授
  • 2008年 - 拓殖大学海外事情研究所教授
  • 2013年 - 拓殖大学海外事情研究所長

その他職歴

現職の他、NPO法人外交政策センター代表、フレッチャースクール外交政策分析研究所研究顧問、国際情勢研究所委員、中央大学法学部兼任講師、ランド研究所客員研究員、参議院外交防衛委員会調査室客員調査員、神奈川県参与(基地担当)、日本国際問題研究所客員研究員などを歴任。政府の各種研究会の常連参加者であり、論壇でも活動している。

主な所属学会は、日本国際政治学会、アメリカ学会、国際安全保障学会、日本政治学会、ISA、IISS。

主張

集団的自衛権の行使を容認し、日本国憲法の改正を必要と主張している。一方で、安倍晋三首相が閣議決定という形で集団的自衛権を容認した方法については、反対の立場を採っている。

著作

単著

  • 『パワーブローカーズ - 影の米国対日政策決定者集団 - 』(日刊工業新聞社、1992年)
  • 『国際秩序の解体と統合』(東洋経済新報社、1995年)
  • 『米国の対日政策 - 覇権システムと日米関係 - 』(同文館、2001年)
  • 『米軍の前方展開と日米同盟』(同文館出版、2004年)
  • 『アメリカ世界を読む - 歴史をつくったオバマ - 』(創成社、2009年)

共著ほか

  • 『日米同盟とは何か』(中央公論新社、2011年)
  • 『現代アジア辞典』(文眞堂、2009年)
  • 『現代米国の虚像と実像』(同文舘、2009年)
  • 『米軍再編と日米安全保障協力―同盟摩擦の中で変化する沖縄の役割』(福村出版、2008年)
  • 『アメリカ・カナダ』(ミネルヴァ書房、2008年)
  • 『アメリカ外交の諸潮流』(日本国際問題研究所、2007年)
  • 『グローバリゼーションの危機管理』(芦書房、2006年)
  • 『グローバル・ガバナンス』(日本経済評論社、2006年)
  • 『地球型社会の危機』(芦書房、2005年)
  • 『グローバル化とアジアの現実』(中央大学出版部、2005年)
  • 『イラク戦争と自衛隊派遣』(東洋経済新報社、2004年)
  • 『ブッシュ政権とアメリカの保守勢力』(日本国際問題研究所、2003年)
  • 『現代アメリカ外交キーワード』(有斐閣、2003年)
  • 『ミサイル防衛』(日本国際問題研究所、2002年)
  • 『東アジアの国際協力』(日本大学国際関係研究所、2002年)
  • 『Japan and Ballistic Missile Defense』(RAND,USA、2001年)
  • 『これからの安全保障』(亜紀書房、1999年)
  • マイケル・グリーン著『日米同盟─米国の戦略』(監訳)(勁草書房、1999年)
  • 『現代アメリカ外交の研究』(中央大学出版部、1999年)
  • 『The Role of the United States in the Asia-Pacific』(CSIS,USA、1999年)
  • 『日米同盟関係の光と影』(大空社、1998年)
  • 『戦後アメリカ外交の軌跡』(剄草書房、1997年)
  • 『現代アメリカ政治の分析』(行研、1994年)
  • 『冷たい平和』(PHP研究所、1993年)

論文

脚注

The contents of this page are sourced from Wikipedia article on 19 Jun 2020. The contents are available under the CC BY-SA 4.0 license.
comments so far.
Comments
From our partners
Sponsored
Reference sources
References
http://www.jfir.or.jp/j/organization/committee.html
http://www.nids.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j1-2_9.pdf
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/anpohosei.pdf
http://www.kanaloco.jp/article/81349/cms_id/115180
http://tkawakamidreams.net/powershift.pdf
http://tkawakamidreams.net/cyberdragon.pdf
http://tkawakamidreams.net/sennryakukiziku.pdf
http://tkawakamidreams.net/kinsyukuzaiseitonitibeityu.pdf
http://tkawakamidreams.net/sinboueitaikou.pdf
http://tkawakamidreams.net/tyugokunotaitou.pdf
http://tkawakamidreams.net/theobamaadministrationssecuritystrategy.pdf
http://tkawakamidreams.net/newdefensepolicy.pdf
http://tkawakamidreams.net/8nennburinpr.pdf
http://tkawakamidreams.net/kaiheitaiyokusiryoku.pdf
http://tkawakamidreams.net/qdr2010.pdf
http://tkawakamidreams.net/nuclear.pdf
arrow-left arrow-right instagram whatsapp myspace quora soundcloud spotify tumblr vk website youtube pandora tunein iheart itunes