Quantcast
peoplepill id: okayu
O
1 views today
1 views this week
Okayu
Japanese singer

Okayu

Okayu
The basics

Quick Facts

Intro Japanese singer
Is Singer
From Japan
Field Music
Gender female
Birth 21 June 1991, Sapporo, Japan
Age 30 years
Star sign Cancer
Instruments:
Voice
The details (from wikipedia)

Biography

おかゆ(1991年6月21日 - )は、日本の流し、歌手、シンガーソングライター、タレント。北海道札幌市出身。キャッチコピーは「平成のおんなギター流し」。本業の流しの活動の他にも、歌手としてのテレビ出演、タレント、MCなどマルチに活動を広げており、また六月ゆか名義で歌手の小金沢昇司、水田竜子らに楽曲提供も行っている作曲家でもある。血液型A型、身長165cm、体重47kg、足のサイズ24cm。株式会社デルコラソン621所属。

来歴・人物

歌手になることが夢だった母のもと、小さい頃からすすきのなどのスナックに連れて行かれ、そこで母や店の客の歌を聞いて育つ。母がいちばん好きだった歌手が髙橋真梨子で、自身も好きになった。中学時代のニックネームは本名の「ゆか」をもじって付けられた「おかゆ」。

スーパーマーケットでたまたま読んだギャル雑誌に衝撃を受け、「ギャルになりたい」と思い立ち、17歳で上京、渋谷でコギャルとして遊んだ。しかし、その年の4月に、母が事故で急逝、母への供養と、自分がこれからどうすれば強く生きられるかを考え、母の夢であった歌手になることを胸に、貿易会社の事務員のパートをしながら歌の道を目指す。ギャル系雑誌のモデルや、資生堂ビューティーサルーンのサロンモデル、WEBショップなどのモデル活動の傍ら、様々な歌手オーディションを受けるも全て落選。リーマンショックの影響で、10代にしてパート先の貿易会社をリストラ。アルバイトで生計を立てながら六本木にあるライブバーで昭和歌謡曲を歌う。

2012年、水産庁の「魚の国のしあわせ」公式認定プロジェクトのウギャルが、「ウギャル音楽部」結成に当たり加入の誘いを受けてメンバー入り。ファッションモデルのLieら5人で2013年7月10日に日本クラウンから鳥羽一郎の「兄弟船」をカバーしてデビュー。日本各地の港町を回り、漁の手伝いや、農業学校で臨時講師をしながらウギャル音楽部として演歌を歌い、魚介類の販売キャンペーンなどを精力的に行う。ウギャルを通して魚が好きになり、日本さかな検定3級を取得、マグロの解体、魚さばきなどの魚料理も得意となる。

2014年1月24日、歌手の道への最後の賭けとして、母との思い出の地であるスナックを回り、母がいつも歌ってくれていた歌謡曲を歌おうと、一人でスナックへの飛び込み営業を始めたが、初日は32軒連続で断られる。流しを始めると同時に、ギターを弾き始めたが、最初の持ち歌は「兄弟船」ただ1曲。左利きだが、ギターを右利き用で演奏する者が多いことからギターは右でしか弾けないものだと思い込み、右手で演奏。1年後に左利き用のギターの存在を知るも、利き手に直すことを断念し、ギターのみ右手で演奏している。訪れた店の客やママから「流し」と呼ばれ始めるも、その職業を知らず、「流し台(シンク)」の話だと誤解していた。

2014年11月、自身の音楽活動に専念する為、「ウギャル」を卒業。目標を立てないと止めてしまうと考え、母の口癖であった「七転び八起き幸せに」を数字に置き換え「7842」名の流しで出会った人々との写真を撮ることを目標として、ブログに掲載している。2016年11月12日には半分の3921名を越えた。池袋、駒込、小岩、門前仲町などの東京周辺だけではなく、地方へも流しに行っており、その際は、往復の交通費、宿代を稼ぐまで帰らないスタンスでいると語っている。

2015年11月、雑誌『BRUTUS』 (マガジンハウス)「スナック好き。」特集で「“平成のおんなギター流し”おかゆの九州突撃記。」として紹介され、存在が広く知られる。

2016年11月より髙橋真梨子with Henry Bandや熱帯JAZZ楽団で活躍中のサックス奏者野々田万照をプロデューサーに迎え、2017年3月3日に初のソロアルバム『おんな流しのブルース』 (デルコラソンレコード)を発売し、3月4日に東京の六本木でリリース記念ライブ「おかゆのひな祭り♡2017 feat.万☆照と熱燗党」(2回公演)を開催した。演歌、歌謡曲というジャンルに強いこだわりを持っていたが、おかゆの母への想いと自分の生き方を綴った詞「七転び八起き幸せに」を野々田万照がバラードにしてアルバムに収録したところ、老若男女に支持され、ポップスにも興味を持ち始めた。

2017年のCD発売後、テレビへの出演が増えた。4月6日よりBS11『あなたが出会った昭和の名曲』では、200曲以上のレパートリーを持つ実力が買われ、初のテレビレギュラー出演が実現、「おかゆの日本列島流し」コーナーで毎回日本各地の様々な場所で流しをしている。当初は「生中継!おかゆの日本列島流し」として、生放送で1曲を歌ったが、2017年10月からはひと月に1都道府県を訪問する事前ロケとなり、毎回2曲歌っている。

4月12日放送の『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系列)に流し代表として初出場し、決勝戦に進出。5月10日放送の「異種格闘技〜悲願の初優勝争奪戦〜」では予選敗退となるも、ゲストのテリー伊藤から「今年の年末には紅白に出るよ」とコメントされる。10月11日には3度目の挑戦で12名の出場者の中から初優勝となった。また、12月20には「最強女子ボーカリストカップ2017」で12名の出場者の中から2度目の優勝となった。

6月9日放送の『由紀さおりの素敵な音楽館』(BS-TBS)では美川憲一本人の前で「柳ヶ瀬ブルース」を歌唱、「今まで聴いた女性歌手の中でいちばん良かった」と評された。また、7月15日放送の『歌え!昭和のベストテン』(BS日テレ)では鶴田浩二の「傷だらけの人生」を歌唱。ゲストの加藤登紀子から「シングルカットした方が良い」と賞賛された。

2017年10月22日には東京の六本木でソロライブ(2回公演)を行ない、初のシングルCD『女三楽章』を先行発売した。また、12月14日-15日には静岡県伊東市で初のディナーショーを開催した。

好きな食べ物は韓国料理、辛いもの、魚介類、スナップエンドウ、ピーマン、ヤングコーン、ジンギスカン (料理)、嫌いな食べ物はアボカド。

趣味はファッションコーディネート、哀愁のある写真の撮影、純喫茶巡り、昭和歌謡を聴くこと。歌う際の衣装は全て自分でコーディネートし、パンツスタイルに拘りを持っている。

性格は負けず嫌いで不器用で変わり者。好きなものには真っ直ぐ。

ディスコグラフィ

CDアルバム

  • おんな流しのブルース(2017年3月3日、デルコラソンレコード delco-621)
    1. おんな流しのブルース(作詞:おかゆ、作曲・編曲:野々田万照)
    2. 愛 彷徨い人(作詞:GU☆CCI、万☆照、作曲:野々田万照)(KOI-KOI☆PANCHOSのカバー)
    3. 誘闇(作詞:おかゆ、作曲・編曲:野々田万照)
    4. 別れの朝(ペドロ&カプリシャスのカバー)
    5. アバンチュール柳ケ瀬(作詞・作曲・編曲:野々田万照。野々田万照とのデュエット)
    6. 天城越え(石川さゆりのカバー)
    7. 七転び八起き幸せに(作詞:おかゆ、作曲:野々田万照)
    8. おんな流しのブルース(Original Karaoke)
    9. 愛 彷徨い人(Original Karaoke)
    10. 誘闇(Original Karaoke)
    11. アバンチュール柳ケ瀬(Original Karaoke)
    12. アバンチュール柳ケ瀬(Original Karaoke、おかゆ有り)
    13. 七転び八起き幸せに(Original Karaoke)

CD Maxiシングル

インディーズ

  • 女三楽章(2017年12月8日、デルコラソンレコード delco-622)
    1. オトナのワカレ(作詞、作曲:おかゆ)
    2. ピエロ(作詞、作曲:おかゆ)
    3. 七転び八起き幸せに(Vocal Remix)(作詞:おかゆ、作曲:野々田万照)
    4. オトナのワカレ(オリジナル・カラオケ)
    5. ピエロ(オリジナル・カラオケ)
    6. 七転び八起き幸せに(Vocal Remix)(オリジナル・カラオケ)

メジャー

  • ヨコハマ・ヘンリー(2019年5月1日VICTOR VICL-37471)
    1. ヨコハマ・ヘンリー(作詞、作曲:おかゆ)
    2. 愛をはじめないで
    3. ヨコハマ・ヘンリー (オリジナルカラオケ)
    4. 愛をはじめないで (オリジナルカラオケ)

参加作品

ウギャル音楽部

  • 漁師BEST - 2013年7月10日(日本クラウン。レコチョク配信のみ)
    1. 兄弟船(作詞:星野哲郎、作曲:船村徹。鳥羽一郎のカバー。)
    2. 北の漁場(作詞:新條カオル、作曲:桜田誠一。北島三郎のカバー。)
    3. 祝い船(作詞:千葉幸雄、作曲:中村典正。門脇陸男のカバー。)

主な出演番組

テレビ

  • 『あなたが出会った昭和の名曲』 (BS11) - 2017年4月6日-(レギュラーで「おかゆの日本列島流し」コーナーを担当)
  • 『THEカラオケ★バトル(テレビ東京系)
    • 2017年4月12日「歌の異種格闘技戦〜ルーキーズカップ」(「柳ヶ瀬ブルース」98.156点、「人形の家」97.647点)
    • 2017年5月10日「歌の異種格闘技戦〜悲願の初優勝争奪戦」(「さそり座の女」98.796点)
    • 2017年10月11日「2017年間チャンピオン決定戦 最終枠争奪戦」(女のブルース」99.260点、「酒と泪と男と女」99.250点・優勝)
    • 2017年10月18日「2017年間チャンピオン決定戦」(「すずめの涙」98.809点)
    • 2017年12月20日「最強女子ボーカリストカップ2017」(「曼珠沙華」99.007点、「夜間飛行」99.550点・優勝)
  • 『徳光和夫の名曲にっぽん』(BS JAPAN) - 2017年5月26日、「おんな流しのブルース」歌唱。
  • 『由紀さおりの素敵な音楽館』(BS-TBS) - 2017年6月9日
  • 『歌え!昭和のベストテン』(BS日テレ) - 2017年7月15日、2017年8月19日
  • 『歌いーな!』(テレビ東京) - 2017年10月6日
  • 『徳光和夫の名曲にっぽん』(BSテレ東) - 2018年10月12日 - (司会)

CM

  • 「視点を変える篇」(BS11、2017年6月11日 - 。有楽町ビックカメラビジョン等でも放映。)
  • 第一興商 DAM STUDIUMバーチャルカラオケ (東京ナイトクラブ)

ネット番組

  • おかゆのじかん (youtube、ニコニコ動画)

雑誌

  • BRUTUS (2015年11月号) - 「“平成のおんなギター流し”おかゆの九州突撃記。」
  • BARFOUT! (2016年6月号。Vol.249) - Jr.MARQUES対談

脚注

  1. ^ デルコラソン621 (2017年6月). “平成のおんなギター流し おかゆ(プロフィール)” (日本語). デルコラソン621. 2017年10月11日閲覧。
  2. ^ 「平成生まれの女流しおかゆを直撃!」『日刊ゲンダイ』 2017年3月28日、株式会社日刊現代、東京
  3. ^ 「おかゆ、生中継の流しに挑戦」『産経新聞』 2017年4月4日、産經新聞社、東京
  4. ^ オーディション時の選曲は毎回、母が好きだった高橋真梨子の曲であった。
  5. ^ ウギャルとは” (日本語). Twin Planet Co., Ltd.. 2017年10月11日閲覧。
  6. ^ ウギャル最新ニュース” (日本語). 日本クラウン株式会社 (2013年). 2017年10月11日閲覧。
  7. ^ https://www.youtube.com/watch?v=Hj65fdEDg_M&feature=youtu.be
The contents of this page are sourced from Wikipedia article on 07 Apr 2020. The contents are available under the CC BY-SA 4.0 license.
comments so far.
Comments
From our partners
Sponsored
Reference sources
References
https://www.delcorazon621.com/app/download/7528492715/%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%82%86%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB2107.6.pdf?t=1503530285
http://www.ugal.jp/index_pc.html
https://www.youtube.com/watch?v=Hj65fdEDg_M&feature=youtu.be
https://www.delcorazon621.com/
http://ameblo.jp/okayu-7842/
https://www.delcorazon621.com
Sections Okayu

arrow-left arrow-right instagram whatsapp myspace quora soundcloud spotify tumblr vk website youtube pandora tunein iheart itunes